4

リバーシブル 2018年7月号連載「若者は未来だ!」


「好奇心たっぷりに生きる若者とは」

三年前に名古屋でとある企画に見学に行った。私たちのプロジェクト『マーブルタウン』と同じく、ドイツのミニミュンヘンという事業を参考にして作られた『なごやこどもCITY』である。

会場見回っていると、細くて小柄なのに、一瞬年で目を引く女の子がいた。当時は高校1年生の、鈴木桜子さん。

実行委員として、事前準備から関わる高校生スタッフの1人だった。

彼女はヘッドセット型のマイクをつけ来場している小学生の親集団に、ハツラツとしっかり自分の言葉を使って身振り手振りで会場の説明を案内していた。

あの女の子は誰ですか?とスカウトマンのように会場の責任者に確認したのを覚えている。

小学4年生のときに参加者として来場したのがきっかけで、企画を作る側に興味を持ったそう。

彼女は、好奇心を素直に行動を移していくことが得意だ。

高校生の頃には演劇部で活動していたので理由を聞くと、なごやこどもCITY実行委員会の後輩の演技を観に行ったことがきっかけで演劇部に入ることを決めたんだそう。

現在は名古屋経済大学の人間生活科学部管理栄養学科1年生、管理栄養士になるために勉強しながら劇団に所属し稽古に励んでいる。

成績も優秀で学業全額免除の手当てを受けているんだとか。彼女からは、楽しいからやってやるというエネルギーしか感じない。

『社会と繋がる経験』


これって、人間本来持っている好奇心そのものではないでしょうか。

不安でしょうがない考えすぎて行動するのが苦手、と語る学生は少なくない。

そんな彼らの幼少期に、生活の中に『社会と繋がる経験』があれば変わっていったのではないか。

まさに彼女のように、人間が本来持つ知的好奇心が自然と行動に移ること。そんな可能性を引き出す学びの場をこれからも作っていきたい。


他のリバーシブル連載記事はこちらから、
若者は未来だ!

マーブルタウンやコラボキャンパス三河にご興味を持って頂けたらこちらからご連絡ください。

電話&FAX:0564-26-7355
メール:info@cc-m.net /
住所:444-0044
   愛知県岡崎市康生通南3-20 ステージビルⅡ 3F


NPO法人コラボキャンパス三河HP
https://www.cc-m.net/